子どものフケの原因  

毎日清潔にしているつもりでも、気がつくと発生しているのがフケです。フケの正体は古くなった頭皮の角質なので、生きている限り避けることはできないのが普通ですが、濃い色の服の肩につもって白く目立っていたりするとなんだか不潔な印象をもたらしてしまいますから、しっかりと対策をとっておきたいものですよね。特に子どものフケは、友達同士の間でからかいの対象になったりもしますから、親がしっかりと気を使ってあげる必要があります。

 

子どものフケの原因としてまず考えられるのは、頭皮の乾燥です。
大人が使うような脱脂力の強い市販のシャンプーは、子どもの肌には刺激が強すぎることも多く、それによって頭皮が過剰に乾燥してしまってフケを発生させていることが多くあります。子どもにはなるべく、純石鹸やアミノ酸など、刺激の少ない洗浄剤を使用してあげましょう。アトピー性皮膚炎による乾燥がフケの原因となっていることもあるので、アトピー用のシャンプーを使用するのもおすすめです。

 

一方、頭皮の汗が原因になっていることも子どものフケの原因として考えられます。遊びまわって毎日全身に汗をたっぷりかいている子どもですから、当然頭皮は不潔になりがち。毎晩しっかりと洗い流してあげるよう心がけるだけでも、フケは改善されていくでしょう。

 

子供でも安心して使えコスパもいい無添加シャンプーの体験談を紹介しています。参考までにチェックしてみて下さい。

子供のフケ

 

 

赤ちゃんのフケの原因

赤ちゃんのにフケが出るととても心配になります。
このフケの正体は何が原因で起こるのか・・・

 

赤ちゃんのフケはフケと言うより乳児性湿疹と考える人が多いようです。そもそも、湿疹とは皮膚炎で皮膚に起こる炎症すべてを指しています。このことから、乳児湿疹とは赤ちゃんの肌の状態異常全般を指しています。

 

乳児湿疹の症状も2大きく分けると2種類で脂性と乾燥性に分けられます。脂性でも、乳児脂漏性湿疹、新生児ざそうの2つに分けられていて症状としては、乳児脂漏性湿疹は生後すぐから6ヶ月くらいまでの赤ちゃんに起こりやすいもので頭皮以外にもおでこや鼻の周り耳、眉毛などの顔全体、時には股など汗をかきやすい箇所にできやすい湿疹です。頭皮のフケは湿ったフケだけでなく乾燥しているフケもあり、酷い場合は膿のようなリンパの固まりやかさぶたになることがあります。新生児ざそうも汗が原因で起こります。汗が頭皮や肌の毛穴につまり炎症を起したものの事をさします。

 

乾燥性では、皮脂欠乏・、乾燥性湿疹と乳児乾燥性湿疹と言われるものに分けられます。症状はどちらも生後6ヶ月以降の赤ちゃんから小学校低学年くらいまでに起こりやすい皮膚、頭皮がカサカサの状態になり、頭皮が剥がれ落ちたりひび割れ状態になる状態の事です。原因は乾燥で、フケもカサカサしています。発生箇所が頭皮の場合いわゆる乾燥性フケの赤ちゃん版といわれるようです。

 

この他、アトピー性皮膚炎も皮膚の乾燥の乾燥が原因のため乳児性湿疹と見分けがつきにくいとされています。

 

成長期のフケの原因

フケとは頭皮の細胞で皮膚が老化してはがれた物の事を言います。
通常約1ヶ月の周期ではがれるのですが、健康な頭皮の場合は通常あまり気になることはなく目立つものではありません。

 

フケの種類は大きく分けると2種類で乾いたフケとべたついたフケがあります。
乾いたフケは頭皮が乾燥しておこる現象で、べたついたフケは皮脂の大量分泌によるものと思われています。

 

この皮脂は年齢で分泌量の差があると考えられいますが男女共に10〜14歳頃に分泌量が増え始めて15〜25歳頃までにピークを迎えてそのままピークの状態が女性は36〜45歳頃まで続きそこから分泌量が減り始めます。男性の場合は女性よりもピークの時期が長く56〜65歳頃までと考えれています。

 

このことから、成長期のフケの原因は皮脂の分泌量が増えてくるのでそれまで気にならなかった人もフケに悩まされたりする事からと考えられます。頭皮のケアーをしっかりして睡眠、食事、ストレスなどのバランスが崩れてもフケの原因となる皮脂が分泌されるそうなので生活習慣の乱れには注意が必要です。